Home
Concept
Movie
Profiles
Download
Contact
Concept

コンピュータネットワークを利用したインタラクティブなインスタレーション.

"コミュニケーショングリル・ちゃんぐ亭"(以下CGC)とは、
ネットワーク経由で動かすことができる電熱器と、電熱器を操作可能なチャットソフトを用いて、目の前の相手とチャットをしながら焼肉を調理して食するという、"コミュニケーション"をテーマとした作品.

この電熱器はネットワーク上で交わされる会話をその動力として稼動する.
焼肉を食べる為にはチャットをし続けなければならない.
食卓を囲う人とチャットをし続けなければならない.
チャットをやめると電熱器の火は消えてしまう、新世紀型ネットワーク家電.

Detailed
Explanation

本作品は、ネットワークを介して会話をする、「チャットをする」というコミュニケーションを交すことで食卓における「食す」という利用者の実空間における行動を促し、ユーザにチャットにおける会話と焼肉を食すという行為が混ざり合った共有感の漂う空間を提供する、見知らぬユーザ同士のコミュニケーションを支援するシステムである.

本システムは、チャット用のアプリケーション「CGCアプリ」、チャットソフトからの命令を受信することで火力を制御する「ちゃんぐ亭電熱器」というデバイスからなる。これらが断続的に作動することにより、ユーザがチャットを行うという行為が、肉が調理されるという結果に結びつくのである。

System
Figure

CGCシステム図

Device
Figure

ちゃんぐ亭電熱器(全体図)

 
部分詳細    
1:IP表示用液晶画面 2:LANポート 3:制御ランプ

「ちゃんぐ亭電熱器」のIPアドレスを表示する.

10BASE-Tでネットワークと接続.

電熱器が稼動している間、点灯する.
Application
Interface
CGCアプリ

1.PopUpMenu
[GRILL]-[ON]:「ちゃんぐ亭電熱器」への接続ダイアログが開き、電熱器の液晶画面に表示されたIPを入力する.

[CGC]-[LOGIN]:Loginダイアログがポップアップし、ユーザ名を入れてLoginする.

2.Log表示画面
会話のLogを表示する.

3.Message入力画面
Messageを入力する.

4.送信ボタン
Messageを送信すると同時に、
電熱器がOFFの時、作動させる.

5.電熱器状態表示Window
電熱器の作動残り時間をアニメーションで表示する.

Story
1. 目の前にいる(調理器具を囲っている)相手とチャットをする.
2. 肉を食すために相手とのチャットを持続する、 チャットが中断すると、電熱器は停止する.
3. 会話が弾むことで肉が焼け、その成果として焼肉を食すことで、多面的なコミュニケーションを誘発する.
4. 肉が焼けるというインタラクションがユーザに話題を提供することになり、会話を弾ませる.
5. 弾むチャットの会話とうらはらの無言の現場の空気は、現場の共有感とあいまって、お互いのお互いにたいする新しい解釈、見方を発見させる.
6. チャットの会話での状況、コンロをはさんだ相手と共有する雰囲気、その成果としての焼肉を食べるという行為を通して得られる共有感が、相手とのコミュニケーションの新しいエレメントを作り出す.
Image
Requirements
Sorry, Windows only!
WindowsXP/2000/Me/98SE
Internet Explorer 6.0/5.5(netscape等では正しく表示されない可能性があります.)
Copyright
©2003 SUEDA Koh+ISHII Koji, All Rights Reserved.